Iranianmathgeniuspassesaway

IranianmathgeniuspassesawayAward-winningIranianMaryamhaspassedawayduetocanceratahospitalintheUnitedStates

IransMehrNewsAgencycitedoneofsrelativesasherdeathonSaturday

FirouzNaderiaformerIraniandirectorofSolarSystemsatNASAhadalsoannouncedherdeathinanInstagrampostearlierintheday

hadrecentlybeentakentohospitalasherhealthconditionworsenedduetobreastcancerCancerouscellshadrecentlyspreadtoherbonemarrowShehadalreadybeenbattlingthediseaseforseveralyears

In2014wasawardedthecovetedFieldsMedalalsoknownastheNobelPrizeofThe40-year-oldwhousedtoteachatStanfordwasalsothefirstIranianwomantobeelectedtotheUSNationalAcademyofSciences(NAS)inMay2016inofherandinoriginalresearch

wasborninTehranin1977andbroughtupintheIslamicRepublic

ShescoredtheOlympiadsgoldmedaltwicein1994and1995Inthesecondshereceivedthecontestsfull42points

ShethenearnedherbachelorsdegreefromIransSharifofin1999andfolloweduptherestofhereducationintheUnitedStateswheresheearnedadoctoraldegreefromHarvardin2004andbecamefullprofessorofatStanfordattheageof31

SheissurvivedbyhusbandJanVondrkaCzechcomputerscientistandtheirdaughterAnahita

集中しすぎて健康を害したのでは

再生核研究所声明287(20160212)神秘的なゼロ除算の歴史数学界で見捨てられていたゼロ除算

(最近相当ゼロ除算について幅広く歴史、状況について調べている。)

ゼロ除算とはゼロで割ることを考えることである。ゼロがインドで628年に記録され、現代数学の四則演算ができていたが、そのとき、既にゼロで割ることか考えられていた。しかしながら、その後1300年を超えてずっと我の研究成果以外解決には至っていないと言える。実に面白いのは、628年の時に、ゼロ除算は正解と判断される結果1/00が期待されていたということである。さらに、詳しく歴史を調べているCBBoyer氏の視点では、ゼロ除算を最初に考えたのはアリストテレスであると判断され、アリストテレスはゼロ除算は不可能であると判断していたという。真空で比を考えること、ゼロで割ることはできない。アリストテレスの世界観は2000年を超えて現代にも及び、我の得たゼロ除算はアリストテレスの世界は連続であるに反しているので受け入れられないと複数の数学者が言明されたり、情感でゼロ除算は受け入れられないという人は結構多い。

数学界ではオイラーが積極的に1/0は無限であるという論文を書き、その誤りを論じた論文がある。アーベルも記号として、それを無限と表し、リーマンもその流れで無限遠点の概念を持ち、リーマン球面を考えている。これらの思想は現代でも踏襲され、超古典アルフォースの複素解析の本にもしっかりと受け継がれている。現代数学の世界の常識である。これらが畏れ多い天才たちの足跡である。こうなると、ゼロ除算は数学的に確定し、何びとと雖も疑うことのない、数学的真実であると考えるのは至極当然である。ゼロ除算はそのような重い歴史で、数学界では見捨てられていた問題であると言える。

しかしながら、現在に至るもゼロ除算は広い世界で話題になっている。まず、顕著な研究者たちの議論を紹介したい

論理、計算機科学、代数的な体の構造の問題JABergstraYHirshfeldandJVTucker、

特殊相対性の理論とゼロ除算の関係JPBarukcicandIBarukcic、

計算器がゼロ除算に会うと実害が起きることから、ゼロ除算回避の視点から、ゼロ除算の研究TSReisandJamesADWAnderson。

またフランスでも、奇怪な抽象的な世界を建設している人たちがいるが、個人レベルでもいろいろ奇怪な議論をしている人があとを立たない。また、数学界の難問リーマン予想に関係しているという。

直接議論を行っているところであるが、ゼロ除算で大きな広い話題は特殊相対性理論一般相対性理論の関係である。実際、物理とゼロ除算の関係はアリストテレス以来、ニュートンアインシュタインの中心的な課題で、それはアインシュタインの次の意味深長な言葉で表現される

AlbertEinstein:

arewhereGoddividedbyzero

Idontbelievein

GeorgeGamow(1904-1968)Russian-bornAmericannuclearphysicistandremarkedthatitiswellknowntostudentsofhighschoolalgebrathatdivisionbyzeroisnotvalid;andEinsteinadmitteditasbfthebiggestblunderofhislife1

1GamowGMyWorldLine(VikingNewYork)p441970

数学では不可能である、あるいは無限遠点と確定していた数学、それでも話題が尽きなかったゼロ除算、それが予想外の偶然性から、思いがけない結果、ゼロ除算は一般化された除算分数の意味で、何時でも唯一つに定まり、解は何時でもゼロであるという、美しい結果が発見された。いろいろ具体的な例を上げて、我の世界に直接関係する数学で、結果は確定的であるとして、世界の公認を要請している

再生核研究所声明280(20160129)ゼロ除算の公認、認知を求める

282:TheDivisionbyZeroz/00ontheSecondBirthday

詳しい解説も次で行っている

堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える(18)

数学基礎学力研究会のホームページ

URLは

以上

何故ゼロ除算が不可能であったか理由

1割り算を掛け算の逆と考えた事

2極限で考えようとした事

3教科書やあらゆる文献が、不可能であると書いてあるので、みんなそう思った。

MatricesandDivisionbyZeroz/00

再生核研究所声明290(20160301)神の隠し事、神の意地悪、人類の知能の程

オイラーの公式epii-1は最も基本的な数、-1piieの4つの数の間の簡潔な関係を確立させているとして、数学とは何かを論じて、神秘的な公式として、その様を詳しく論じたNo81May2012(pdf432kb)

wwwjamsorjp/kaiho/kaiho-81pdfTraduzirestapgina

19/03/2012-ここでは、数学とは何かについて考えながら、数学と人間に絡む問題などについて、幅広く面白く触れたい。。

余りにも深い公式なので、神の人類に対する意地悪かと表現して、神は恥ずかしがり屋で、人類があまりに神に近づくのを嫌がっているのではないかと発想した。

ここ2年間、ゼロ除算を発見して、ゼロ除算の実在性は確信できたが、ゼロ除算の神秘的な歴史再生核研究所声明287(20160213)神秘的なゼロ除算の歴史数学界で見捨てられていたゼロ除算とともに、誠に神秘的な性質があるのでその神秘性に触れたい。同時にこれを未解決の問題として世に提起したい。

ゼロ除算はゼロで割ることを考えるであるが、アリストテレス以来問題とされ、ゼロの記録がインドで初めて628年になされているが、既にそのとき、正解1/0が期待されていたと言う。しかし、理論づけられず、その後1300年を超えて、不可能である、あるいは無限、無限大、無限遠点とされてきたものである。天才オイラーの無限であることの証明とその誤りを論じた論文があるが、アーベル、リーマンと継承されて現在に至る。他方極めて面白いのは、アリストテレス以来、ニュートンアインシュタインで問題にされ、下記の貴重な言葉が残されている

AlbertEinstein:

arewhereGoddividedbyzero

Idontbelievein

GeorgeGamow(1904-1968)Russian-bornAmericannuclearphysicistandremarkedthatitiswellknowntostudentsofhighschoolalgebrathatdivisionbyzeroisnotvalid;andEinsteinadmitteditasbfthebiggestblunderofhislife1

1GamowGMyWorldLine(VikingNewYork)p441970

現在、ゼロ除算の興味、関心は相対性の理論との関係と、ゼロ除算が計算機障害を起すことから、論理の見直しと数体系の見直しの観点にある。さらに、数学界の難問、リーマン予想に関係していると言う。

ゼロ除算の神秘的な歴史は、早期の段階でゼロ除算、割り算が乗法の逆で、不可能であるとの烙印を押され、確定的に、数学的に定まったと人は信じてしまったことにあると考えられる。さらに、それを天才達が一様に保証してきたことにある。誠に重い歴史である。

第2の要素も、極めて大事である。アリストテレス以来、連続性で世界を考えるが世界を支配してきた基本的な考え方である。関数y1/xの原点での値を考えるとき、正方向、あるいは負方向からゼロに近づけば、正の無限や負の無限に近づくのをみて、ゼロ除算とは無限の何か、無限遠と考えるのは極めて自然で、誰もがそのように考えるだろう。

ところが、結果はゼロであるというのであるから、驚嘆して、多くの人はそれは何だと顔さえしかめたものである。しばらく、話さえできない状況が国際的にも一部の友人たちの間でも1年を超えても続いた。そこで、最近、次のような文書を公表した

ゼロ除算についての謎神の意思は?

ゼロ除算は数学的な真実で、我の数学の基本的な結果です。ところが未だ、謎めいた現象があり、ゼロ除算の何か隠れた性質が有るように感じます。それはギリシャアリストテレスの世界観、世の連続性を否定し、強力な不連続性を表しています。強力な不連続性は普遍的に沢山あることが分かりましたが、肝心な次の等角写像での不連続性が分かりません複素関数

Wz1/z

は単位円の外と内を-22を除いた全複素平面上に一対一上へ等角に写します。単位円は-22を往復するようにちょうど写ります。単位円が少しずれると飛行機の翼の断面のような形に写るので、航空力学での基本関数です。問題は、原点が所謂無限遠点に写っているということです。ところがゼロ除算では、無限遠点は空間の想像上の点としては考えられても、数値では存在せず、数値としては、その代わりに原点ゼロで、それで原点に写っていることになります。それで強力な不連続性を起こしている。

神が、そのように写像を定めたというのですが、何か上手い解釈が有るでしょうか

神の意思が知りたい。

20162271646

既に数学における強力な不連続性は沢山発見され、新しい世界観として定着しつつあるが、一般の解析関数の孤立特異点での確定値がどのような意味があり、なぜそのような不連続性が存在するのかは、神の意思に関わることで、神秘的な問題ではないだろうか。神秘の世界があることを指摘して置きたい。

以上

MatricesandDivisionbyZeroz/00

再生核研究所声明31620160819ゼロ除算における誤解

2016年8月16日夜風呂で、ゼロ除算の理解の遅れについて理由を纏める考えが独りでに湧いた。

6歳の道脇愛羽さんたち親娘が3週間くらいでゼロ除算は自明であるとの理解を示したのに、近い人や指導的な数学者たちが1年や2年を経過してもスッキリ理解できない状況は世にも稀なる事件であると考えられる。ゼロ除算の理解を進めるためにその原因について、掘り下げて纏めて置きたい。

まず、結果を聞いて、とても信じられないと発想する人は極めて多い。割り算の意味を自然に拡張すると1/00/0z/0となる、関数y1/xの原点における値がゼロであると結果を表現するのであるが、これらは信じられない、このような結果はダメだと始めから拒否する理由である。

先ずは、ゼロでは割れない、割ったことがない、は全ての人の経験で、ゼロの記録(598668)以来の定説である。しかも、ゼロ除算について天才、オイラーの1/0を無限大とする間違いや、不可能性についてはライプニッツ、ハルナックなどの言明があり、厳格な近代数学において確立した定説である。さらに、ゼロ除算についてはアインシュタインが最も深く受け止めていたと言えるGeorgeGamow(1904-1968)Russian-bornAmericannuclearphysicistandremarkedthatitiswellknowntostudentsofhighschoolalgebrathatdivisionbyzeroisnotvalid;andEinsteinadmitteditasbfthebiggestblunderofhislifeGamowGMyWorldLine(VikingNewYork)p441970。

一様に思われるのは、割り算は掛け算の逆であり、直ぐに不可能性が証明されてしまうことである。ところが、上記道脇親娘は割り算と掛け算は別であり、割り算は、等分の考えから、掛け算ではなく、引き算の繰り返し、除算で定義されるという、考えで、このような発想から良き理解に達したと言える。

ゼロで割ったためしがないので、ゼロ除算は興味も、関心もないと言明される人も多い。

また、割り算の分数の拡張として得られた。この意味は結構難しく、何と、1/00/0z/0の正確な意味は分からないというのが真実である。論文ではこの辺の記述は大事なので、注意して書いているが真面目に論文を読む者は多いとは言えないないから、とんでもない誤解をして、矛盾だと言ってきている。1/00/0z/0らが、普通の分数のように掛け算に結びつけると矛盾は直ぐに得られてしまう。したがって、定義された経緯、意味を正確に理解するのが大事である。数学では、定義をしっかりさせる事は基本である。ゼロ除算について、情熱をかけて研究している者で、ゼロ除算の定義をしっかりさせないで混乱している者が多い。

次に関数y1/xの原点における値がゼロであるは実は定義であるが、それについて、面白い見解は世に多い。アリストテレスAristotels、前384年-前322年3月7日の世界観の強い影響である。ゼロ除算の歴史を詳しく調べている研究者の意見では、ゼロ除算を初めて考えたのはアリストテレスで真空、ゼロの比を考え、それは考えられないとしているという。ゼロ除算の不可能性を述べ、アリストテレスは真空、ゼロと無限の存在を嫌い、物理的な世界は連続であると考えたという。西欧ではアリストテレスの影響は大きく、聖書にも反映し、ゼロ除算ばかりではなく、ゼロ自身も受け入れるのに1000年以上もかかったという、歴史解説書がある。ゼロ除算について、始めから国際的に議論しているが、ゼロ除算について異様な様子の背景にはこのようなところにあると考えられる。関数y1/xの原点における値が無限に行くと考えるのは自然であるが、それがx0で突然ゼロであるという、強力な不連続性が、感覚的に受け入れられない状況である。解析学における基本概念は極限の概念であり、連続性の概念である。ゼロ除算は新規な現象であり

、なかなか受け入れられない。

ゼロ除算について初期から交流、意見を交わしてきた20年来の友人との交流から、極めて基本的な誤解がある事が、2年半を越えて判明した。勿論、繰り返して述べてきたことである。ゼロ除算の運用、応用についての注意である。

具体例で注意したい。例えば簡単な関数yx/(x-1)においてx1の値は形式的にそれを代入して1/00と考えがちであるが、そのような考えは良くなく、y11/(x-1)からx1の値は1であると考える。関数にゼロ除算を適用するときは注意が必要で、ゼロ除算算法に従う必要があるということである。分子がゼロでなくて、分母がゼロである場合でも意味のある広い世界が現れてきた。現在、ゼロ除算算法は広い分野で意味のある算法を提起しているが、詳しい解説はここでは述べないことにしたい。注意だけを指摘して置きたい。

ゼロ除算はアリストテレス以来、あるいは西暦628年インドにおけるゼロの記録と、算術の確立以来、またアインシュタインの人生最大の懸案の問題とされてきた、ゼロで割る問題ゼロ除算は、本質的に新しい局面を迎え、数学における基礎的な部分の欠落が明瞭になってきた。ここ70年を越えても教科書や学術書における数学の基礎的な部分の変更はかつて無かった事である。と述べ、大きな数学の改革を提案している

再生核研究所声明31220160714ゼロ除算による平成の数学改革を提案する

以上

file:///C:/Users/saito20saburo/Downloads/P1-Divisionpdf

再生核研究所声明33520161128ゼロ除算における状況

ゼロ除算における状況をニュース方式に纏めて置きたい。まず、大局は

アリストテレス以来、あるいは西暦628年インドにおけるゼロの記録と、算術の確立以来、またアインシュタインの人生最大の懸案の問題とされてきた、ゼロで割る問題ゼロ除算は、本質的に新しい局面を迎え、数学における初歩的な部分の欠落が明瞭になってきた。ここ70年を越えても教科書や学術書における数学の初歩的な部分の期待される変更はかつて無かった事である。ユークリッドの考えた空間と解析幾何学などで述べられる我の空間は実は違っていた。いわゆる非ユークリッド幾何学とも違う空間が現れた。不思議な飛び、ワープ現象が起きている世界である。ゼロと無限の不思議な関係を述べている。これが我の空間であると考えられる。

1ゼロ除算未定義、不可能性は割り算の意味の自然な拡張で、ゼロで割ることは、ゼロ除算は可能で、任意の複素数zに対してz/00であること。もちろん、普通の分数の意味ではないことは当然である。ところが、数学や物理学などの多くの公式における分数は、拡張された分数の意味を有していることが認められた。ゼロ除算を含む、四則演算が何時でも自由に出来る簡単な体の構造、山田体が確立されている。ゼロ除算の結果の一意性も充分広い世界で確立されている。

2いわゆる複素解析学で複素平面の立体射影における無限遠点は1/00で、無限ではなくて複素数0で表されること。

3円に関する中心の鏡像は古典的な結果、無限遠点ではなくて、実は中心それ自身であること。球についても同様である。

4孤立特異点で解析関数は有限確定値をとること。その値が大事な意味を有する。ゼロ除算算法。

5xy直交座標系でy軸の勾配は未定とされているが、実はゼロであること;tan(pi/2)0ゼロ除算算法の典型的な例。

6直線や平面には、原点を加えて考えるべきこと。平行線は原点を共有する。原点は、直線や平面の中心であること。この議論では座標系を固定して考えることが大事である。

無限遠点に関係する図形や公式の変更。ユークリッド空間の構造の変更、修正。

8接線や法線の考えに新しい知見。曲率についての定義のある変更。

9ゼロ除算算法の導入。分母がゼロになる場合にも、分子がゼロでなくても、ゼロになっても、そこで意味のある世界。いろいろ基本的な応用がある。

10従来微分係数が無限大に発散するとされてきたとき、それは実はゼロになっていたこと。微分に関する多くの公式の変更。

11微分方程式特異点についての新しい知見、特異点微分方程式を満たしているという知見。極で値を有することと、微分係数が意味をもつことからそのような概念が生れる。

12図形の破壊現象の統一的な説明。例えば半径無限の円半平面の面積は、実はゼロだった。

13確定された数としての無限大、無限は排斥されるべきこと。

14ゼロ除算による空間、幾何学、世界の構造の統一的な説明。物理学などへの応用。

15解析関数が自然境界を超えた点で定まっている新しい現象が確認された。

16領域上で定義される領域関数を空間次元で微分するという考えが現れた。

17コーシー主値やアダマール有限部分に対する解釈がゼロ除算算法で発見された。

18log00、及びe0が2つの値10を取ることなど。初等関数で、新しい値が発見された。

資料

Thedivisionbyzeroisuniquelyandas1/00/0z/00inthenaturaloffractionsWehavetochangeourbasicideasforourspaceandworld: